返戻金について学びましょう

返戻金というのは、貯蓄型の保険を途中で解約すると払い戻される金銭です。生命保険の返戻金は、契約が失効した時にも払われます。自賠責の返戻金も使用していない時期があれば解約をし返戻金を受け取ることが出来ます。返戻金の仕訳に迷った場合には専門家に相談してみましょう。生命保険の返戻金の金額によっては、仕訳をし貸方・借方に分ける必要があります。


自賠責の返戻金の場合には金額も小さいものですから返戻金の仕訳は必要はありませんが、生命保険で大きな金額を支払っていた場合には、 返戻金の消費税にも注意が必要になります。返戻金の保険金の入金や満期返戻金、解約返戻金または、事故等の発生・保険期間の満了・保険の中途解約といった要因で発生するもので、対価性がないため不課税取引となりますから、返戻金は勘定科目の仕訳はしなくてもよくなります。返戻金の消費税の不課税取引という部分をおさえておきましょう。返戻金は、解約などを申し出ればスムーズに受け取ることが出来ます。返戻金の勘定科目で迷ってしまう場合には担当者に確認をしておきましょう。返戻金を受け取り、他の保険に加入することも出来ます。県民共済でも返戻金は可能です。一年ごとの決済で使われなかった分が戻ってきますが、返戻金の税金を払う場合には、生命保険でとても保障のあるものです。返戻金が多いということは毎月の保険料の支払の金額も大きいものでしょう。県民共済の返戻金の場合には、月の金額がとてもリーズナブルでありながら保障もしっかりしているので、返戻金の税金を考えるよりも、掛け捨て保険として考える傾向が高く返戻金を請求することは少ないようです。保険の解約をした場合には、単にお金が戻ってくるというだけではないのです。

このページのトップへ